サイトのご利用にあたって お問い合わせ サイトマップ ホーム
籐工芸教室
ラタンプラザみちこ  
ホーム > 主宰について
籐工芸教室
ラタンプラザみちこ
教室のご案内
教室の歩み
教室の作品集
最初のレッスン
よくあるご質問

明戸美智子
主宰について
主な作品

英語ヴァージョン
このページを英語で読む。
Go to the English version of this page.

自手作りの世界にあなたも!


日本の古都、奈良郊外の田園地帯で丁度四季が一巡する一年の間、生活する機会がありました。

それまでの8年間は、日本の高度経済成長期の真っ只中、ほとんど連日の残業で、たまに高いビルの窓から夕暮れの美しさに思わず目を奪われ仕事の手を止めることはあっても、季節の変化に鈍感になってしまうほどの忙しいOL時代を過ごしました。

奈良県での一年はそんな会社勤めの後でした。
家の周りは生駒山の裾野の田園風景、これまでと違う環境で新しい暮らしをスタートする機会でもありました。
季節ごとの鮮烈な変化を、その時ほど新たな感動を持って味わったことはありませんでした。 
春には、いたるところで咲くスミレの花、田植えの苗そして蛙の合唱、夏は、馬酔木の純白な花、真紅のトンボ、それに大木にたわわに咲くミモザの花、秋には、子供の頭ほどもある大きさの鶏頭の花、真紅の色のトンボ、冬は、乾上った水田、ぬかるんでいた畦道やでこぼこ道の凍り付いてしまった水溜り。

好きだった絵を描けるたっぷりした心地よい時間がありました。
とりわけ、この自然と向き合う生活の中で蔓に出会った喜びは格別なものでした。 
自然のままの蔓で、何か好きな物を自分の素手から作り出せるなんて、なんてすてきな嬉しいことなのでしょう!

青春時代はそのことに気付きもしないで過ごしてしまいましたが、私たちにとって大切な自然界にたいする深い憧憬の念と愛着にようやく気付かされました。
自然の蔓や籐に出会って以来、この素材がもたらす創作への無限の喜びと可能性を発見の日々です。
好きな籐工芸に没頭し、創作品を作り上げることに集中していると、他のことにも同じように挑戦してゆける大きな自信を得たような幸せな感じがいたします。

私は、皆様も籐工芸を通じて同様の楽しさを体験されると確信しております。
私たちとご一緒にあなたの生活にも新しい楽しみを発見してみませんか。

主宰 明戸 美智子
このページの先頭へ


籐作家 明戸(あけと)美智子。
横浜市生まれ。

  • 1977年 奈良県在住中、山間のあけび等、自然素材で籠編みを始める
  • 1979年 籐工芸家/加藤巳三郎氏に師事「全国籐芸趣味の会」助手
  • 1985年 同会の講師資格修了
  • 1986年 籐手芸教室ラタンプラザみちこ設立
  • 2004年 第26回 日本新工芸展入選
  • 2005年 第27回 日本新工芸展入選
  • 2006年 第28回 日本新工芸展入選
  • 2007年 第29回 日本新工芸展入選
すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。 このページの先頭へ